秋葉原 C# もくもく会 #32 勉強会を開催しました

■ C# もくもく会

C# もくもく会 #32 を開催しました。

https://weeyble-csharp.connpass.com/event/83028/

C# もくもく会 は東京の秋葉原で毎週木曜日に開催している .NET 系の勉強会です。
もくもく自習を基本とし、分からないことを教えあったり情報共有したりしている会です。
定期開催していますので、お時間のある時に遊びに来ていただければと思います。
ちょっと詰まった時、ネット上で聞くのははずかしいなぁ、という課題のできた時などにも思い出していただけると嬉しいです。

■ 目指す勉強会スタイル

世界一敷居の低い勉強会を目指しています。
何か聞きたいことがある場合は、聞く相手を決めずに独り言のようにつぶやくと誰かが拾ってくれる、そんなスタイルでやっています。

■ 次回予定

次回は 2018/04/05 に開催予定です。
https://weeyble-csharp.connpass.com/event/83690/

C# に関心のある方、是非遊びに来てください。

広告

Xamarin Live Player を試してみた。

 Build 2017 で発表された Xamarin Live Player ですが、さっそく試してみました。
 まだ、実行してみただけですが、実行するにあたっていくつか注意点があったのでメモしておきます。

 ※これが仕様なのか私の環境の問題なのか何なのかは私は把握できていません。
 

■ Mac


 iPhone では動きましたが、Android では動きませんでした。
 状況としては、実行に失敗するということではなくそれ以前。Visual Studio for Mac と Android のペアリングには成功するのですが、なぜか実行のターゲットとしてペアリングした Android が表示されませんでした。
 
 [注意点] Android で動きませんでした。
 

■ Windows


 iPhone と Android 両方で動作しました。
 

■ 共通


 動作に成功する組み合わせはありました。ただし、Shared のプロジェクトでだけです。
 PCL のプロジェクトはエラーなどが表示され動作しませんでした。
 
・iPhone のエラー「Vizualization Error」
・Android の表示「[XXXXXX].Droid.MainActivity」
 
 ちょっと、まだ入門者にお勧めはできない感じのようですね。

[Xamarin] エミュレータでデバッグ実行できない

Windows 環境で Xamarin.Android でアプリをエミュレータでデバッグしようとするとアプリが起動しない状態が続いていました。
エミュレータ内でアプリを起動しようとすると、一瞬画面が真っ白(アプリが起動しようとした)になってすぐにホーム画面に戻ってしまう状態でした。
その際、Visual Studio では次の表示がでていました。
Could not connect to the debugger.

■ 解決方法

1.ソリューション内の Android プロジェクトで設定を変更します。
・Android プロジェクトを右クリックし「 プロパティ > Android Options」の「Packaging」タブの「Use Fast Deployment」のチェックを外します。
2.Hyper-V の設定を変更します。
・Hyper-V マネージャを起動します。
・「仮想マシン」から使用しているエミュレータを右クリックし「設定」の「プロセッサ > 互換性」の「プロセッサ バージョンが異なる物理コンピュータへ移行する」のチェックをつけます。

これでエミュレータでデバッグ実行できるようになりました。

[WPF] DataGrid の行ヘッダーを右寄せにする。

DataGrid の行ヘッダーに行番号を表示する方法は以前に書きました。
DATAGRID の行ヘッダーに行番号を表示する。

しかし、これだけでは行番号の数字が左寄せで表示されます。
これを右寄せにしてみます。
テンプレートを編集すれば実現できそうです。

■ 標準のテンプレートのコピーを作る

テンプレートを編集するにはまず、標準のテンプレートのコピーを作ります。
標準のテンプレートのコピーを作るには、デザイナ上でビューに配置した
DataGrid を右クリック > 追加テンプレートの編集 > RowHeaderStyle の編集 > コピーして編集
と選択します。
そうすると、XAML の「Window.Resources」要素に「Style x:Key=”DataGridRowHeaderStyle1″ TargetType=”{x:Type DataGridRowHeader}”」が生まれます。
このスタイルを編集します。

■ テンプレートを編集する

テンプレートの中から、「ContentPresenter」要素を探します。
その一つ上の行にいる「StackPanel Orientation=”Horizontal”」に属性「HorizontalAlignment=”Right”」を追加します。

■ 編集後のテンプレート

編集後の該当部分のコードは次のようになっているはずです。

<StackPanel Orientation="Horizontal" HorizontalAlignment="Right">
    <ContentPresenter RecognizesAccessKey="True" SnapsToDevicePixels="{TemplateBinding SnapsToDevicePixels}" VerticalAlignment="Center"/>

これで、行番号を右寄せにすることができました。